ホームページ制作、ネットショプ制作なら岡山県岡山市のLIBREL(リブレル)

ホームページ制作 ネットショップ制作 WordPress カラーミーショップ
お問い合わせ/ホームページ制作 岡山

映画 「波山をたどる旅」 の予告編が出来ました~

水面下で準備していたLIBRELの新プロジェクトとして映画の制作に携わりました。企画(?)、撮影協力という感じで個人的にはお手伝いなんですが、企画をしたプロジェクト「陶芸WEB」の起ち上げメンバーになります。で、陶芸WEBという団体についてはもう少し謎にしておきますね。年内には活動開始できそうで今も段取りでバタバタ…

この映画は板谷波山という陶芸家を題材にしてます。予告編を見ていただければわかるかと思いますが、参考資料的な要素の強いドキュメンタリーというか、教育資料というか…そんな映画です。現在は最終の編集中でまもなく公開となります。


板谷波山没後50年記念事業 映画 「波山をたどる旅」

監督 : 西川文恵
主演 : 海老澤佳奈(2012年ミス日本ミス着物)
制作 : ヴォストーク/プロジェクト茨城
企画 : 陶芸WEB(http://www.tougei-web.com/

= 公式サイト =
http://hazan.tougei-web.com/

= 概要 =
板谷波山は横山大観と共に茨城県の名誉県民第一号であり、来年で没後50年を迎えます。1953年に陶芸家として初めて文化勲章を受章、近代陶芸作家の制作品としては最多の国の重要文化財に作品が2点指定を受けるなど、芸術家として随一の評価を得ています。

また人間としての波山は、陶芸を芸術と認めさせる活動を生涯続け、後継者の育成の他、戦没者の供養や高齢者の方への贈り物、奨学金設立など郷土への強い思いに溢れ、多くのエピソードを残していますが、実際にその人物像を知る人間は少なくなってしまっており、残念ながらその記憶は月日と共に薄れていってしまっています。

没後50年だから出来る事、間に合う事。

没後40年記念の劇映画「HAZAN」のテーマであった「かつて美しい日本人がいた」で語り切れなかった波山の実の姿を、遺族、研究者へのインタビューをもとに映像として記録し、後世に伝えて行く事がこの映画製作の目的となります。

= ストーリー =
第1部
ある女性の波山を辿る旅:着物に興味を持つ主人公カナは、実家で御婆ちゃんが大事にしていたという手書きの帯地を発見する。帯地に興味をもったカナはその作家を調べる為、その作者を知る人物を巡る旅に出る。板谷波山の芸術性と人間性を知る内にカナは、どうやってその帯地が御婆ちゃんの手元に来たのか、何故それが大事に保管されていたのかを-感じる事が出来る様になる。そうして板谷波山を辿るカナがその旅の最後に会った人物は……

第2部
板谷波山を語る:今回の企画の目的。
波山を知る人物に波山について語るドキュメンタリー。


撮影風景@茨城大学

公開までもう少しです。上映会などの新着情報はfacebookページが一番早いと思いますので、是非、いいね!よろしくお願いします。

波山をたどる旅 facebookページ http://www.facebook.com/HAZAN2012
陶芸WEB facebookページ http://www.facebook.com/tougei.web

カテゴリー : お知らせ波山をたどる旅

タグ: